Top / Graphics / 2019 / ex07

グラフィックス基礎及び実習 2019年度 第7回 [edit]

課題A(self) 完成目標: 今回の実習終了まで [edit]

  1. 右のリンク先のPDFファイルを閲覧し,手書きの部分を講義資料に書き写しなさい.資料(学内アクセス限定)
  2. KoukaiStepper.java, Iyan.java を実際に作って動作確認しなさい.
  3. 右のリンク先のPDFファイルを閲覧し,手書きの部分を講義資料に書き写しなさい.資料(学内アクセス限定)
  4. ImpeiStepper.java, Iyan2.java を実際に作って動作確認しなさい.

課題B(self) 完成目標: 今回の実習終了まで [edit]

  1. 右のリンク先のPDFファイルを閲覧し,手書きの部分を講義資料に書き写しなさい.資料(学内アクセス限定)
  2. Q1, Q2 をやりなさい.以下に白字で答えが書いてある.
    • Q1の答え: CStepper m = new CStepper(6, 200);
    • Q2の答え: new CStepper(4, 100, 100, 200, 0);
  3. CStepper.java を作りなさい.
  4. Graphics/2019/ex06#kadaiB で作った T52.java を書き換えて,CStepper を使うようにしなさい.

課題C(TA) 締切: 次回の実習開始直後 [edit]

以下のAPI仕様で定められる機能をもったクラス HW2 を作ろう.以前作った HW と似ているが,一部カプセル化を考慮したものとなっている.HW を拡張するのではなく,独立したクラスとして作ろう.


★ HW2クラスのAPI仕様

  • コンストラクタ
    HW2()
    名前 "ほげお",身長 170.0[cm],体重 62.0[kg]のインスタンスを生成.
    HW2(String n, double h, double w)
    名前 n,身長 h[cm],体重 w[kg]のインスタンスを生成.
  • メソッド
    void print()
    このインスタンスの名前,身長,体重を表示する.
    void setWeight(double w)
    このインスタンスの体重を w にする.
    double getWeight()
    このインスタンスの体重の値を返す.
    void pocha()
    このインスタンスの体重を 1.1 倍にする.
    double calcBMI()
    このインスタンスのBMIを計算して返す. \( \textrm{BMI} = (\mbox{体重[kg]}) / (\mbox{身長[cm]}/100)^2 \)
    static void printHimando(double bmi)
    bmi が Border1 未満,Border1 以上 Border2 未満,Border2 以上の三つの場合に分けてメッセージを出力.順に,「やせてんなぁ」,「ふつー」,「太ってる…かな?」.
  • フィールド
    static double Border1
    BMIの境界値のうち小さい方.初期値は 20.
    static double Border2
    BMIの境界値のうち大きい方.初期値は 25.

check 注意:

  • API仕様のフィールドの欄には Border1, Border2 以外には変数は載っていない.ということは,これらの他に変数を宣言する必要があるなら,他のクラスに非公開としなければならない.
  • カプセル化をちゃんと考えるなら,体重だけでなく名前や身長についても setter/getter (setWeight/getWeight のようなメソッド)を定義するのが適切だが,簡単のためこの問題では省略した.クラス変数もカプセル化してもよいが,こちらも省略.

動作確認には,以下の内容の G07Fugayo.java を作って用いること.

G07Fugayo-Q.png

課題S(omake) [edit]

Graphics/2019/ex06#kadaiS につづき,p.62 の練習問題 5.16, 5.17 をやりなさい


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-27 (月) 14:13:24 (147d)