Top / Data / 2021 / ex01

データ分析 2021年度 ex01 [edit]

Table of Contents

この授業の Google Classroom へ参加する [edit]

この授業では,課題をやったり提出したりに Google Classroom という仕組みを使うことがあります. 使えるようになろう.

(1) 「招待リンク」をたどって Google Classroom 上のこの科目の「クラス」へアクセス.

  • 「招待リンク」は,この科目の Teams チームでお知らせしています
  • アクセスの際に,「学籍番号@mail.ryukoku.ac.jp」とは別のGoogleアカウントにログインしているとうまくいかないかもしれません. 大学Googleアカウントを利用する方法
  • メンバー登録が完了したあとは,Data/2021 ページ上部の「Google Classroom のこの科目のクラス」からたどれます

ssClassroom2021.png

(2) 上部のタブ(「ストリーム」, 「授業」,...)から「授業」をクリック.

(3) 課題の一覧が表示されるので,その中から「練習用課題ほげ」を選ぶ.

(4) 課題の説明等が表示されるので,その説明をよく読んで指示されたことをやる.

課題A [edit]

Classroom 上の 「ex01課題A」を開いて,そこにある「Google スプレッドシート」のファイル「ex01課題A」を指示どおり編集し,提出しましょう.

「Google スプレッドシート」は,Google社が提供する表計算ソフトウェアです. 「クラウドコンピューティング」と呼ばれる形で,ウェブブラウザを介して利用します(「クラウド」うんぬんの話は,あとで少し説明します). 基本的な機能は,Excel等の他の表計算ソフトと同じです.

(1) ファイルを開いて中身を確認する

  1. ファイル ex01課題A をクリックして開く.
  2. 下の画像のような画面になるはず.ただし,表の中には数値は入っておらず,グラフも描かれてない.
  3. 下部の「シート1」「mpiS100」のところを切り替えると,「mpiS100」シートの方にデータが格納されているのが確認できる

ex01A.png

(2) 表に数式を入れる

「シート1」の表の各セルに,そこに記された通りの値が表示されるように数式を入力する.

  • 例えばセル C3 には,mpiS100 の列 B の100人分の点数の最小値が表示されるようにする
  • 計算式の書き方は Excel とほとんど同じです.
  • 数式の中にセル範囲を書きたい場合,マウス操作で指定してもよいし,シート hoge の A12 から B23 までの範囲なら hoge!A12:B23 のように,シート名の後ろに「!」を書いてからセル範囲を入力してもよいです.

(3) 数学の点数のヒストグラムを描く

この課題では,上記の見本画像を再現すればokです. グラフの範囲とかちゃんとしたくなりますが,その辺は次の課題で扱います.

  1. メニューから 「挿入」 > 「グラフ」
  2. 右側に「グラフエディタ」というのが開く(開いてないときは,グラフをダブルクリックするか,グラフの右上の「:」から編集)
  3. 「グラフの種類」を「その他」の「ヒストグラム」にする
  4. 「データ範囲」のところにデータの範囲を入力する
    • 範囲を直接キー入力して指定するか,または,右の田をクリックして範囲を選択
    • このとき,範囲指定を1行目からにしておく(「数学」と書かれたセルも含めておく)と便利です
  5. 「系列」のところをクリックすると,範囲の候補が出てくるので適切なものを選択する
    • 「データ範囲」の指定で1行目も含めていた場合,「行1を見出しとして使用」にチェックを付けると,見出しで選択できます
  6. (余裕があればやってみてね) 「データ範囲」として「数学」,「物理」,「情報」の3列をまとめて選択しておくと,「系列」でどの列を使用するか切り替えたり追加したりできます.いろいろいじった場合は,提出前に正しい状態に戻すのをお忘れなく.

(4) 提出する

  • Google スプレッドシートでは,適当なタイミングで編集結果が自動的に保存されます.編集が終わったら,そのままブラウザのタブを閉じればok.
  • 課題の画面から提出しましょう. スプレッドシートのファイルをいじるだけじゃなく,「提出」しないといけません.忘れずに

課題B [edit]

Classroom 上の「ex01課題B」を開いて,そこにある「Google スプレッドシート」のファイル「ex01課題B」を編集して3科目のヒストグラムを描き,提出しましょう.

ただし,以下の見本と同じになるように,次の設定を行ってください.いずれも,「グラフエディタ」 > 「カスタマイズ」 の先のところで設定できます.

  • ヒストグラムの1本の棒の幅を5点分とする(ヒント: Google スプレッドシートでは「パケットサイズ」という名前の設定項目で指定できます)
  • タイトルをつける(「グラフと軸のタイトル」)
  • 横軸の範囲を0から100にする(「横軸」)
  • さらにいろいろいじりたければご自由に(上記の設定は必ず守ってね)

ex01kadaiB.png

課題C (宿題その1) [edit]

Classroom の「ex01課題C」にあるファイル「ex01課題C」を以下の指示に従って編集し,提出してください. この課題の提出期限は次回の授業の直前です.

(1) 「シート1」の B6:D10 (B6 から D10 の範囲)に,「mpiS100」 の「数学」の点数の度数分布表があります. 次のことを確認しましょう.

  • B7:B9 に 24, 49, 74 という整数値が格納されている
  • セル C7 には FREQUENCY関数が書いてある

(2) FREQUENCY関数は,1つ目の引数にデータの範囲,2つ目の引数に「階級」の範囲を指定することで,この例のように条件に合うデータの個数をカウントしてその結果を返してくれます. C8:C10 には数値が入っているように見えますが,これらは FREQUENCY 関数が計算した結果を表示しています.

参考: Google スプレッドシート の FREQUENCY 関数についてのヘルプ

(3) D7:D10 に説明がありますが,FREQUENCY関数は,「階級」として与えられた数値を,その階級の「最大値」として扱います. 例えば,A7 が 24 で, B8 が 49 なので,C8 には 「24より大きく49以下」の点数の件数が入っています. 今扱っている数学の点数は0以上100以下の整数値なので,「25以上50未満」とも言えます.

(4) ここまでの説明をもとに,B13:C24に,「数学」の度数分布表をもう一つ作ってください.ただし, 階級は,「10点未満」,「10点以上20点未満」,「20点以上30点未満」,...,「90点以上100点未満」,「100点以上」となるようによく考えて決めてください.

(5) 次に,下に示されているヒストグラムの一つの棒の幅を10点分に修正しましょう. 度数分布表とヒストグラムが正しく作れていたら,ヒストグラムの棒をクリックしたときに表示されるデータ数が度数分布表と一致するはずです.

宿題 [edit]

次回の授業までに必ずやっておいてください

  • 宿題その1: 上記の通り
  • 宿題その2: 次のリンク先の動画を視聴してください.ユーザ名とパスワードを求められたら全学統合認証ので.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-24 (金) 16:55:17 (33d)